2012年10月05日

決断できないのは、判断材料が乏しいから 司法書士向け経営ブログ VOL.31

株式会社 船井総合研究所の小高です。

いつもご覧頂きありがとうございます。

業界の地位向上のために頑張ります!

 
お読みいただき、”参考になった”と
お感じになりましたら、応援のつもりで
下のバナーをポチっとクリックをお願します。


にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村


 

皆様
いつもブログを読んでいただきまして
ありがとうございます。

さて今回は、≪決断できないのは、情報がないから≫
をお送りします。


所長は事務所の方向性で迷う時があります。


本当にこの事業は伸びるのか?

雇用を増やさないとできないが、固定費リスクがあるので
二の足を踏む。

また、この事業は本当に売上の軸になるようなポテンシャル
があるのかどうか。


こんなことに日々迷いながら、でも決めながら少しずつ進んで
いるのではないでしょうか。


私は成功されている先生をたくさん見てきているので、
わかりますが成功される先生の行動特性や性格は
下記のとおりです。


成功している先生は

・決断に至るだけの十分な判断材料を持っているし、
考える時間を確保しています。


・「小さい失敗なら早めにしよう」や「事業は1勝9敗」という
観点からとにかくまずはやってみようとします。



「小さい失敗なら早めにしよう」や「事業は1勝9敗」も非常に重要な
考え方ですが、今回は1つ目の観点を取り上げます。



成功されている先生は現場から離れて、業務の勉強会や
全国の成功事例や他業界の方とお付き合いをされており、
情報収集や人脈つくりに努めています。

成功事例があればイメージがわきますし、あるビジネスの
ことに詳しい人から生きた情報やノウハウが入ってきます。


現場につきっきりの所長だと、この動きができません。

ですから、あるチャンスが巡ってきても、判断材料に乏しく、
なかなか決断が出来ないのです。するとチャンスも逃して
しまいます。


ですから、「決断ができないな」と感じている先生は現場を離れる
事務所体制をつくり、前出の”経営者の時間”を作ってみては
いかがでしょうか。



お読みいただき、”参考になった”とお感じになりましたら、
応援のつもりで、下のバナーをポチっとクリックをお願します。

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

それでは、失礼します。


今回も最後までお読みいただきまして、
ありがとうございます。
posted by 小高健詩 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする