2014年08月10日

VOL.43 営業マンなしで不動産登記案件を獲得する方法

株式会社 船井総合研究所の小高です。

いつもご覧頂きありがとうございます。

司法書士業界の地位向上のために頑張ります!



皆様
いつもブログをお読よみ頂きまして、
ありがとうございます。


今年も司法書士事務所の社会的地位と
サービスが向上し、”相談することが出来ない
というだけで不利益を被る市民を減らす”という
目的でこのブログを書いていきます。


さて今回は、≪営業マンなしで、不動産登記案件を獲得する方法≫
をお送りします。
今回は、趣向を変えて、インタビュー形式で
業績アップレポートをお送りします。

インタビュー第一弾は、

司法書士事務所経営研究会大阪会場の会員様であり、
登記営業中心に売上を伸ばし2年で月間売上400万以上
開業2年4ヶ月従業員10名急成長を続ける

「司法書士法人 オフィスワングループ
代表 島田 雄左 先生です。


特別対談ムービーはこちらから

島田先生は、特に不動産登記営業を得意とし、営業先ごとにニーズを把握して行う
提案営業」手法やその取り組みは、船井総研司法書士事務所経営研究会の
中でも注目を集めている先生です。

レポートでは、

・司法書士法人オフィスワングループが急成長を続けるワケ

・今、業績を落としている事務所伸ばしている事務所との違いとは!?

・不動産登記営業の際に不可欠なたったひとつのポイント

金融機関、不動産会社、他士業への効果的な営業手法大公開

といった内容をお送りしております。


不動産登記営業を積極的に行いたい、と言う事務所様にはヒントになる
内容が詰まっていると思います。どうぞご覧ください。

対談ムービーはこちらから


そして、9月度に不動産登記営業をテーマにしたセミナ

不動産登記案件獲得のための営業手法大公開セミナ」を
開催することになりました。

→ 詳細はこちらからご覧ください!


セミナーのゲスト講師には、本誌レポートでもご登場いただきました
司法書士法人オフィスワングループの島田雄左先生にお越しいただき、

不動産登記依頼を得る為に必要な
顧客の信頼を勝ち取る不動産登記営業のポイント
をたっぷりとお話いただきたいと思います。

 
今回は2014年最新版の成功事例を中心に
お伝えさせて頂く内容になっております。


 
「不動産登記案件が少なく、個人案件に依存しているため、事務所業績が安定しない

債務整理業務が減少し、事務所業績が急速に悪化している」

「不動産登記営業を行いたいが、営業活動をしたことがない。

「初回訪問の次に提案するべき営業ネタに困っている


といった事でお悩みの事務所の先生にお越しいただきたい内容となっております。

特に今回のセミナー内容は「一人事務所でも実践できる営業方法をお伝えする予定
ですので、営業初心者の先生でも実践していただける内容になっています。

是非、スケジュール調整の上、ご参加いただければ幸いです。
先生方のご参加を心よりお待ちしております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【講座内容】

【第1講座】登記依頼を勝ち取る営業戦略とは 
<講師>株式会社 船井総合研究所 第三経営支援部 
        経営コンサルタント   川崎 啓

【第2講座】登記売上を伸ばす為に必要なたった一つのコツ
<ゲスト講師>司法書士法人 オフィスワングループ
代表司法書士島田 雄左 氏

※福岡会場、名古屋会場、東京会場は録画でのご出演になります。


【第3講座】 確実に成果の出る営業手法大公開
<講師>株式会社 船井総合研究所 第三経営支援部 
        経営コンサルタント   川崎 啓

【第4講座】 本日のまとめ
<講師>株式会社 船井総合研究所 第三経営支援部 
チームリーダー 小高 健詩

=====================================
日時・会場

【大阪会場】 2014年9月6日(土)13:00〜17:30(受付12:30〜)
(株)船井総合研究所 大阪本社
〒541-0041 大阪市中央区北浜4-4-10
地下鉄御堂筋線淀屋橋駅より徒歩2分

【福岡会場】 2014年9月7日(日)13:00〜17:30(受付12:30〜)
リファレンス駅東ビル
福岡市博多区博多駅東1丁目16-14 7F

【名古屋会場】 2014年9月13日(土)13:00〜17:30(受付12:30〜)
AP名古屋.名駅
愛知県名古屋市中村区名駅4-10-25名駅IMAIビル8F

【東京会場】 2014年9月14日(日)13:00〜17:30(受付12:30〜)
(株)船井総合研究所 東京本社
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目6番6号 日本生命丸の内ビル21階
JR東京駅丸の内北口より徒歩1分

【仙台会場】 2014年9月28日(日)13:00〜17:30(受付12:30〜)
TKP仙台西口ビジネスセンター
仙台市青葉区本町1-5-31 シエロ仙台ビル


セミナーの詳細はこちらから

 
☆船井総研の士業コンサルティング内容をもっと知りたいという方には、、、☆


1.まずは気楽にメルマガからという方はこちら

2.無料経営相談をご希望の方はこちら

3.会員制勉強会のご案内はこちら




【司法書士の業績アップについて、詳細を知りたい方はこちらへ】

司法書士事務所経営.com
http://www.samurai271.com/shihousyoshi/


【小高へ直接問い合わせて、無料経営相談に申し込む!】

メールでのお問合わせはこちらへ
https://www.funaisoken.jp/mf/mf_parts/view/140


電話でのお問い合わせはこちらへ
03−6212−2933

お気軽にご連絡くださいませ!


それでは、失礼します。


今回も最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。
posted by 小高健詩 at 11:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

VOL.42 吉野屋ホールディングス 安部社長からの学び

株式会社 船井総合研究所の小高です。

いつもご覧頂きありがとうございます。

司法書士業界の地位向上のために頑張ります!



皆様
いつもブログをお読よみ頂きまして、
ありがとうございます。


今年も司法書士事務所の社会的地位と
サービスが向上し、”相談することが出来ない
というだけで不利益を被る市民を減らす”という
目的でこのブログを書いていきます。


さて今回は、≪吉野屋ホールディングス 安部社長からの学び≫
をお送りします。

吉野屋ホールディングスの安部社長が8月で事業会社の社長を退任するに
あたり、経済雑誌で特集が組まれていました。

多くの示唆に富む話であったので、学びをブログに書こうと思います。


安部社長は高卒でミージシャンになるため上京し、音楽活動の資金を確保する為に
吉野屋でアルバイトからはじめました。めきめきと頭角を現し、28歳で九州地区営業
本部長、42歳で社長に就任するという立志伝中の人物です。

そんな安部社長のインタビュー記事の抜粋です。


 
・1980年に会社更生法を適用したときに学んだことは、組織がダメに
なるときは、自らダメにするということ。

負の分子は5%~10%は平時から社内に存在する。負の分子は知性的に
みえ、説得力もあったりする。これは難しいとか、これはダメとか。
議論は割りとロジカルで周囲も惑わされやすい。

そこで経営者の仕事とは、組織エネルギーをいかに歩留まり高く
同じ方向に発揮させられるか。

「会社がダメになるときは、自らダメにする。組織が一体感をもって
ある方向に向いていれば、決定的にダメになるということはない」


・上位者になればなるほど、自分の施策に対しての客観的な視点と
間違えを認めることが出来、修正する能力が必要になる。


中間管理職へはこう言って励ましている。

「苦境のときはリーダーシップが一番養える時期である。順風満帆で報酬も
上がっている時期は、中間管理職は必要ない。人事評価とインセンティブだけで
社員のモチベーションは上がる。そのネタが無い時にみんながエネルギーを発揮
できるかどうかが指導力でありリーダーシップだよ。」と

なにが社員のモチベーションになるのかというのを一生懸命考えて見つけて、語る。
響くやつもいるが響かないやつもいる。共有できるモチベーションを掲げることが
大事。


 
・組織に不安を抱かせないようにする一つのテクニックは、忙しくすること。
BSE問題の時もとにかく社員には仕事を与え続けた。


・創業者の松田瑞穂氏の思想を経営幹部に伝える「次世代七の会」というもの
がある。トップの条件はプロパーで外部の人材と同じような客観性をもっている
奴がベストウェイ。そこにいたる社風や歴史的背景を知らないものに経営は
任せられない。


示唆に富む内容でした。

 
☆船井総研の士業コンサルティングをもっと知りたいという方には、、、☆


1.まずは気楽にメルマガからという方はこちら

2.無料経営相談をご希望の方はこちら

3.会員制勉強会のご案内はこちら




【司法書士の業績アップについて、詳細を知りたい方はこちらへ】

司法書士事務所経営.com
http://www.samurai271.com/shihousyoshi/


【小高へ直接問い合わせて、無料経営相談に申し込む!】

メールでのお問合わせはこちらへ
https://www.funaisoken.jp/mf/mf_parts/view/140


電話でのお問い合わせはこちらへ
03−6212−2933

お気軽にご連絡くださいませ!


それでは、失礼します。


今回も最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。
posted by 小高健詩 at 17:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする