2012年07月15日

成功事務所視察クリニックのまとめ vol.23 司法書士向け経営ブログ

株式会社 船井総合研究所の小高です。

いつもご覧頂きありがとうございます。

業界の地位向上のために頑張ります!

 
お読みいただき、”参考になった”と
お感じになりましたら、応援のつもりで
下のバナーをポチっとクリックをお願します。


にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村


 

皆様
いつもブログを読んでいただきまして
ありがとうございます。

さて今回は、≪成功事務所視察クリニックのまとめ≫
をお送りします。

先日、名古屋エリアで、司法書士・税理士向け成功事務所視察
クリニックを行ってきました。
http://www.samurai271.com/shihousyoshi/d00/2051.php

視察先は下記の通り、

@相続で有名な司法書士法人あいち司法&相続さま

A日本で初めて遺品整理業を立ち上げたキーパーズさま

B住宅金融支援機構担保権移転案件の大量落札に成功され、
債務整理から登記営業へのシフトも成功された司法書士法人
ファミリアさま


視察の中でみえてきたまとめを下記に記します。

@分野を絞って、とにかくそ分野で地域一番になること。
これができたら、周辺ニーズが必ず出てきて、仕事が
どんどん拡大する。

あいち司法さん、、、  相続に絞って一番化していったら、個人業務
に特化するという切り口が見えてきて、離婚債務整理などに
広がっていった。
しかも相続接客力で鍛えたスキルは離婚不動産売却
役立ち、保険業付加という新しい可能性も出てきている。


キーパーズさん、、、キーパーズ親会社である吉田運送
黒字分を投入して、遺品整理業務を手塩に掛けて育て、歯を
食いしばって特化してやってきた結果、日本一座を手にされた。

そこまでやったからこそ、賃貸オーナー向け保険、散骨サービス、
不動産売却、りフォーム業、サムライ業向けサービスなど実に
たくさん周辺業務が見えてきた。


ファミリアさん、、、いわずと知れた債務整理事務所でしsたが、
営業マン付加に真正面から取り組んで、営業マンも5名投入した
からこそ、SBIモーゲージやハウスドゥ(不動産売買仲介付加)
重要性がわかり、実施に至って、さらなる成功を収めております。



A経営に掛ける時間が長くとる(現場を社員にまかせる勇気)

事務所を伸ばしている代表は、現場ではから離れて採用面談
新しい仕事を作るため時間ヒントを得るために他事務所を
視察船井総研など研修参加一般事業会社社長と交流
大事にしている。


あいち司法今井代表、ファミリア金子代表は、これを実践しており、
資格者というレベルを大きく超えて立派な経営者だと思います。


しかし、お二人は、「ネット謄本取得やオンライン申請などは
もはや出来ない」そうだ。


でもこれがいい。


多く士業経営者は資格者として側面が強く経営にかける時間が
ほとんど取れていない。


まずさに気付いた両代表は意識して現場から無理やり離れること
で、経営者として時間を意識してつくっておられるのです。


経営者としての時間が長く取れれば、その分だけ業績はあがります。



※さて、キーパーズ吉田社長考え方はかなりかっこいい
紹介したい。

何か決断をするときには絶対に人相談したり、経営本などは
あえて読まないという。

「自分頭で考えないとあたまが成長しない」という表現をされていた。

これは本当に大事な発想で、経営上一番重要な差別化が失われる可能性が
高くなるからです。


やはり一番には一番なりの理由があるようです。



お読みいただき、”参考になった”とお感じになりましたら、
応援のつもりで、下のバナーをポチっとクリックをお願します。

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

それでは、失礼します。


今回も最後までお読みいただきまして、
ありがとうございます。 
posted by 小高健詩 at 07:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ意識 vol.22 司法書士向け経営ブログ

株式会社 船井総合研究所の小高です。

いつもご覧頂きありがとうございます。

業界の地位向上のために頑張ります!

 
お読みいただき、”参考になった”と
お感じになりましたら、応援のつもりで
下のバナーをポチっとクリックをお願します。


にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村


 

皆様
いつもブログを読んでいただきまして
ありがとうございます。

さて今回は、≪プロ意識≫
をお送りします。

弊社の司法書士経営研究会のゲスト講師でお招きした
鈴木龍介先生(http://www.suzukijimusho.com/media)。

言わずと知れた企業法務分野のスペシャリストです。


多数の講演や執筆をしてこられた鈴木先生に「講演や執筆のポイント」
を解説いただきました。


その中でも素晴らしいと感じたのが、@「相手のニーズに答える」ということと
A「長丁場の講演に備えてボイストレーニングをしている」ということでした。


@を出来る人もほとんどいませんが、A母子ストレーニングをされている先生
は、業界でただ一人なのではないでしょうか。


どんなことでもトップに上り詰めると、やはりそれを支える秘訣があるようですね。


本当に素晴らしいプロ意識だと感じましたので、皆様に報告したいと考えました。




お読みいただき、”参考になった”とお感じになりましたら、
応援のつもりで、下のバナーをポチっとクリックをお願します。

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

それでは、失礼します。


今回も最後までお読みいただきまして、
ありがとうございます。 
posted by 小高健詩 at 07:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする