2012年06月16日

リーダー(従業員が付いてくる人)の条件 vol.18 司法書士向け経営ブログ

株式会社 船井総合研究所の小高です。

いつもご覧頂きありがとうございます。

業界の地位向上のために頑張ります!

 
お読みいただき、”参考になった”と
お感じになりましたら、応援のつもりで
下のバナーをポチっとクリックをお願します。


にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村


 

皆様
いつもブログを読んでいただきまして
ありがとうございます。

さて今回は、≪リーダーの条件≫
をお送りします。


事務所のスタッフが言うことを聞きません!という
相談をたまいただきます。

そのスタッフ自体が悪いこともありますが、
私から見ると経営者の責任も50%くらいは
あるような気がしています。


そこで今回は先生方が経営者(リーダー)と
呼べる存在になるためのコツをお伝えします。


・先にパンツを脱ぐことが出来ること
⇒自分の恥ずかしいこともさらけ出せること
このことによって、従業員も安心して仕事や
プライベートの面もさらけ出してくれます。


・部下、後輩に時間と金をつかうこと
⇒例えば感謝の言葉は簡単に言えますよね。
簡単にやれることについては気持ちは伝わら
ないのです。
相手に気持ちが伝わるのは自分の大事なもの
を遣うことです。
早く帰って家族に時間を使いたい、そういう時の
時間を使ってあげることで相手に気持ちが伝わる
のです。


・事務所の中で先駆けて新しい取り組みをすること
⇒新しい事業に最初にとがリーダーの価値だと思います。
新しいことに取り組まないとどんどん陳腐化していきます。


・なにかの要素で一番
⇒リーダーは何らかの面で尊敬されないといけません。
尊敬できるということは、自分にできないことができる
ということです。
司法書士とスタッフの場合はこれが資格をもっていること
だったりするのですが、所長(資格者)と勤務資格者の場合
は、これが現場に出ている分勤務資格者のほうが法律に
詳しくなります。

だから資格者として勝負をしてはいけません。あくまでも
所長は経営者として接するべきなのです。

20名〜30名の事務所の経営者は勤務資格者からは
一目も二目も置かれています。

それは勤務資格者が法律に詳しいといったって、
20,30名の事務所は経営できない!と考えます
からね。


・リーダーは一番働くこと
⇒家庭をもったり、環境の変化が起きるとこれが難しい
のかも知れませんが、基本的には一番仕事をするべき
だと考えております。
但し、”経営者の仕事”とは土日も出社して残業して量を
こなすことではありません。成果を残すために動くことです。

まあ、たまには所長が率先して土日出勤を買ってでるのも
良い薬にはなりますが。




お読みいただき、”参考になった”とお感じになりましたら、
応援のつもりで、下のバナーをポチっとクリックをお願します。

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

それでは、失礼します。


今回も最後までお読みいただきまして、


ありがとうございます。 
posted by 小高健詩 at 16:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする